MENU

借金の取り立てに困っている時は

精神的苦痛になる取り立て 

借金をしていること自体も生活上の大きなストレスになりますが、ストレスはそれだけではありません。

借金の取り立てによって、生活が大きく変化してしまうということもあります。

ドラマなどでは、借金の取り立てをしている業社の嫌がらせや、執拗さなどが描かれていることもありますが、程度の違いこそあれ、やはり現実にも業社による取り立てというものは存在しています。

 

特に闇金融として知られているような、賃金業法を守っていないような業社からお金を借りてしまっている場合、その取り立ては想像を絶するものになることもあります。

自分が借金をしているところは、こうした業社ではなく、よく知られている大手の消費者金融なので安心できると思われる方がいらっしゃいます。

確かに、大手の消費者金融であれば、あまりにも常軌を逸した取り立てをすることはないでしょう。

 

しかし、大手の業社への借金をなかなか返済しなかったり、連絡もしないで返済が滞ったりしていると、こうした債権自体が他の業社へ売り渡されてしまうということもあります。

債権を売り渡された業社の対応は、大手の対応とは全く異なっていますので、その後の取り立ての方法は大きく変わってしまいます。

取り立てがひどくなってしまい、普通に仕事をすることもできなくなり、生活が難しくなってしまうと、さらに返済ができなくなってしまい負のスパイラルが始まってしまいます。

 

大手から借りている場合でも常識を守る 

大手の消費者金融からお金を借りているので、少しくらい返済を待ってくれるのではないかという、なんとなく甘えた気持ちを持っている方が少なからずいらっしゃいます。

先ほども述べましたように、こうした甘えは生活を一変させてしまうこともあります。

ですから、大手から借金をしている場合であっても、返済日までに返済をきちんと行なうということを忘れないようにしましょう。

 

仮にどうしても返済日までに返済ができないという場合には、そのことを事前に知らせるようにしましょう。

約束を守る、守れない時にはきちんと連絡をする、こうした常識的な行動がかけてくると、大手の消費者金融に対して大きな迷惑をかけるようになります。

結果として、その債権を他の業社へ売り渡すということになり、取り立てが非常に厳しくなるということもよくあります。

正直であること、これも借金をしている時には必要です。

 

想像以上の取り立ての場合は専門家へ相談 

「まさか取り立てでここまでするとは」と感じた時には、すでに状態がかなりこじれているはずです。

取り立ての方法もかなり酷いものになってきているはずです。

この時点で、債権者との関係が非常に悪くなっており、債権者はすでに債務者を信じていないということになり、

「普通のやり方では、返済を行わない人」というイメージを債務者に対して持っています。

そして、これだけ取り立てを受けているということは、通常の返済を行えなくなっているという状態でしょう。

一旦こうなってしまうと、個人の力で状況を打開するのは難しいでしょう。

 

ですから、少しでも早く専門家である弁護士や司法書士に相談し、任意整理などの手段によって問題に取り組むようにしましょう。

闇金などの悪徳業社による取り立ての方法が、すでに深刻になってしまっている場合には、特にそのように言えます。

一旦弁護士などに相談し、間に入ってもらった時点で、その後のやり取りは弁護士などがすべて行ってくれるので、業社は直接取り立てを行えません。

これは法律によって決まっていることなので、この時点で個人に対する異常な取り立ては一旦止みます。

取り立てが一旦止まることにはメリットがあります。

こちらサイドは専門家とじっくり相談することができ、業社側も少し冷静になる事ができ、話し合いが前進することもあります。

ですから、正常な範囲を超えた取り立てに遭っているなら、少しでも早く専門家に相談し、自分一人で対応しないようにしましょう。

このページの先頭へ