MENU

借金で悩んでいるあなたへ!

借金で悩んでいるあなたへ!

借金が増えてしまった結果、どうしたらいいのかわからない人へアドバイス

 

最初はたいしたことがない借金でも、何回も借金を繰り返していると

借金の金額が膨れ上がり、返済が滞るようになってきます。

何とか自分で返済したいと思っていても借金が増えてしまったら、どうしたらいいのかわからなくなってしまいます。

そうなった時にどうしたらいいのかですが、まずは冷静になり自分の借金の総額と、

自分の現在の収入を把握することが大事です。

返済しないといけない借金が毎月いくらあるのか、今の自分の収入でその借金を本当に返済できるかなどよく考えることです。

 

もし今の自分の収入でその借金を返済できなくて、借金のための借金を繰り返しているのであればすぐに止めるべきです。

 

その場しのぎの借金を繰り返しても、借金が増えるだけで何も解決しません。

昔と違って今は消費者金融からの借り入れも、わざわざ消費者金融会社に行かなくてもカード1枚あれば、

誰でもコンビニなどでかんたんにお金を引き出すことが可能です。

 

そのため本当は消費者金融からの借り入れるためのカードなのに、まるで自分のキャッシュカードでお金を引き出しているような感覚になってきます。

 

多重債務問題に苦しんでいる人は借金の一本化が有効

 

もし一社でなく複数の金融業者からお金を借りているのであれば、その借金を一本化することが有効な方法です。

最近ではよくネット上でも借金を一本化する、おまとめローンの文字を目にします。

これは多重債務問題に苦しんでいる人を対象に、

金融業者が複数の金融業者からの借金を一本化するサービスです。

 

借金を一本化するメリットは、これまでの借金の金利より低い金利で借りれることで、

さらに借金先が1ヶ所になるので月1回の返済で済むことで楽になります。

 

借金を一本化する時に注意することは、おまとめローンの金利がこれまでの借金の金利より、

高くないか確認することです。

 

おまとめローンの金利が、これまでの借金の金利より高ければ、一本化する意味がありません。

もし複数の金融業者からお金を借りている場合で、最も低い金利の金融業者の限度額に余裕があれば、

その金融業者で一本化してしまうのも良いでしょう。

借金を一本化でき自分の収入の範囲でその借金を返済できれば、

たとえ時間が掛かっても着実に借金は減っていきます。

 

債務整理を考えるなら任意整理がおすすめ

 

債務整理とは借金に苦しんでいる人が自分の債務を整理する手続きのことで、

具体的には任意整理・特定調停・個人再生・自己破産などがあります。

債務整理は借金を抱えて苦しんでいる人の借金の金額を減らし、

重い利息負担からの解放を目的としたことで、その中でも最も任意整理がおすすめです。

 

任意整理とは文字どおり任意で借金を整理することで裁判所などの公的機関を利用しないで、

借金をしている債務者と金融業者などの債権者の間で借金の利息を下げたり、

毎月の支払い額を少なくしてもらえるように交渉することです。

自分の収入の範囲では毎月の返済額に無理があるけれど、借りた以上は

借金を返していきたいと考えている人には最適な方法かもしれません。

自分でも任意整理できますが任意整理するのであれば、弁護士や司法書士などの専門家に依頼したほうがスムーズにいきます。

 

借金をしている債務者と金融業者などの債権者の話し合いでなぜ、

借金を減らせるのか疑問に思う人もいるかもしれませんが、

実はこれは利息制限法と出資法という2つの法律に大きく関係してきます。

 

利息制限法とは利息の上限を定めた法律で借金の金額によって利息が異なりますが、

出資法では利息の上限は29.2%になっていて、たいていの金融業者は出資法を基準にしています。

そのためこの2つの法律には最大で14.2%もの差があり、ほとんどの金融業者はこれを利用してお金を貸しています。

債務者の多くはお金を借りる時に契約を交わしたとはいえ、利息制限法と出資法について知らないため、

本当は支払わなくてもいい利息まで払っているのです。

 

つまり借金の返済をしていると知らないうちに、過払い金が発生している可能性があるのです。

 

もし調べてみて過払い金があれば返金請求することができますし、

過払い金だけで残りの借金を完済した実例もあります。

 

任意整理の他にも個人再生や自己破産などの方法もありますが、

どちらも任意整理と比べると負担が大きい債務整理で、特に自己破産は就けない職業があったり、

もし家やマンションといった資産を持っていれば、債権者である金融業者に分配されます。

 

これらの点から借金を整理したいのであればまずは、弁護士や司法書士などの専門家に相談して、

任意整理を進めてみてはいかがでしょうか。

 

このページの先頭へ