MENU

債務整理後もクレジットカードが作れるの?

債務整理後もクレジットカードが作れるの?

 

会社が倒産したり、リストラの宣告や病気や怪我などさまざまな理由で、住宅ローンや多額の借金が払えなくなり任意整理・民事再生・自己破産などの債務整理を手続を取ることがあります。債務整理の手続きを取ると、新たにクレジットカードを作れないなど、いろいろな制限が設けられています。

債務整理をした直後はもう借金の返済で苦しむのはたくさんだと思っていても、債務整理をしてしばらくすると急にお金が必要な時や電気代や水道代などの公共料金を、クレジットカードで支払いたいと思うようになります。ホテルの予約などもクレジットカードがないとできなかったり、キャッシングはしなくてもクレジットカードがあれば何かと便利です。ただ1度債務整理の手続を取ると、2度と新たにクレジットカードを作れないと思っているかもしれませんが、そんなことはありません。

 

なぜ債務整理後にクレジットカードが作れないのか?

 

債務整理の手続を取るとクレジットカード会社や消費者金融など金融業者で共有している、信用機関の個人信用情報のリストに事再生・自己破産などの情報が掲載されるので、

債務整理すると新規にクレジットカードが作れなくなります。ただ1度でも債務整理の手続を取るともう新たにクレジットカードを作れないのではなく、全国銀行個人信用情報センターなど信用機関によっても異なりますが5年~10年でまたクレジットカードが作れます。

 

主な信用機関の債務整理者リストの掲載期間

 

任意整理・民事再生・自己破産など債務整理の方法や、信用機関によっても債務整理者リストの掲載期間は異なってきます。例えば全国銀行個人信用情報センターの場合だと自己破産や個人版民事再生であれば、債務整理の手続開始から10年間は新たにクレジットカードを作れません。ただ任意整理に関しては特に掲載される項目がないので、全国銀行個人信用情報センターを利用しているクレジットカード会社だと、新たにクレジットカードを作れるかもしれません。

次に日本信用情報機構の場合ですが自己破産や個人版民事再生であれば、全国銀行個人信用情報センターと同様に10年間は新たにクレジットカードを作れません。さらに任意整理に関しても、日本信用情報機構を利用しているクレジットカード会社の場合だと、5年間は新たにクレジットカードを作れません。代表的な信用機関として最後にCICがありますが自己破産の手続を取るとブラックリスの保有期間は5年ですが、個人版民事再生や任意整理に関しては特に掲載される項目がありません。

 

このように債務整理の手続を取ると5年~10年は債務整理の記録が信用機関の個人信用情報のリストに残るので、その掲載期間中は新たにクレジットカードを作れません。ただこれらの債務整理者リストの掲載期間は変更になることもあるので、全国銀行個人信用情報センターなど信用機関にお問い合わせると教えてくれます。

 

またほとんどのクレジット会社はCICに加盟していますが、全国銀行個人信用情報センターや日本信用情報機構に加盟しているクレジット会社もあり一様ではありません。さらに債務整理の手続の記録が信用機関の個人信用情報のリストに掲載されていても、必ずしもクレジットカードが作れないという訳ではありません。

 

なかには債務整理の手続後であっても、今の給与が良ければ返済能力があるとみなされ、甘い審査をするクレジット会社も存在します。そのためブラックリスに掲載されてもクレジットカードが作れた人もいますが、注意すべき点は信用情報にクレジットカードを申し込んだことも記載されることも忘れられないでください。

 

 

 

このページの先頭へ