MENU

もし自己破産すれば何を失うのか

 最初は気軽な気持ちで始めた借金の金額が増え、次第に金融業者からの厳しい催促や取立てに耐えられず債務整理に追い込まれるケースも少なくありません。債務整理にも任意整理・民事再生・自己破産などいくつかありますが、今回は自己破産について詳しく説明していきます。

 自己破産で失うもの残るもの

 自己破産で失うもの

 最初は返せると思って始めた借金もさまざまな理由で借金が返せない状況になってしまった場合に、自己破産するという債務整理も選択肢にありますが、自己破産すると無一文になってしまうのではと心配される方もたくさんいます。そこで自己破産で失うもの、残るものについて書いていきます。

 自己破産すれば何を失うのかですが、自宅や分譲マンションなどの資産がある場合は没収され、その資産は売却され債権者に分配されることになります。不動産以外にも自動車や宝石などある程度の価値があるものについても、自宅や分譲マンションなどの資産と同様に売却され債権者に分配されます。もし住宅や自動車などのローンが残っていれば、ローン会社が住宅を差し押さえたり自動車を引き上げることもあります。どうしても自宅やマンションなどを手放したくないのであれば、任意整理や個人再生などの債務整理を選択した方が良いかもしれません。ただマイカーの場合は車の年式が古かったりして資産価値がないと判断されれば、没収されないで債務者の手元に残ることもあります。

具体的に失う財産は本人名義の自宅や分譲マンションなどの不動産や高額な宝石や美術品の他に、

20万円を超える株券やゴルフ会員権などの有価証券や自動車やバイクや、

99万円を超える現金に20万円を超える預貯金に、

20万円を超える生命保険などの保険会社からの解約返戻金、

退職金の12.5%~25%が20万円を超える場合はその退職金の12.5%~25%の金額です。

 

財産以外に失うもの

自己破産すれば失うものは財産だけでなく、確実に社会的信用を失うこと忘れてはいけません。クレジットカードも自己破産の手続きをした後約7年間は作れませんし、官報や信用情報に自己破産の記録が残ります。さらに破産管財人が専任される場合は、移動や旅行が制限されることもあります。自己破産をした場合にもし連帯保証人がいれば、免責になった借金はその連帯保証人に請求がいきます。そうなればあなたを信用して連帯保証人になってくれた人に、多大な迷惑を掛けることになります。

自己破産で残るもの

 次に自己破産しても残るものについてですが、宝石や美術品や自動車やバイクや保険会社からの解約返戻金の合計が、99万円以下の場合は債務者の手元に残ります。この他にも生活する上において必要な家具などは債務者の手元に残りますし、自己破産の手続きをした後の給料なども差押えられることはありません。

 自己破産をしても贅沢な暮らしさえしなければ、生活をしていくことはできます。会社が倒産したりリストラになってしまったり病気や怪我で働けなくなるなどの理由で、どうしても借金が返せない状況になってしまった場合は、自己破産は法律で認められている救済措置なので、選択肢の一つとして考えてみてはいかがでしょうか

 もし自己破産すれば何を失うのか 

 最初は気軽な気持ちで始めた借金の金額が増え、次第に金融業者からの厳しい催促や取立てに耐えられず債務整理に追い込まれるケースも少なくありません。債務整理にも任意整理・民事再生・自己破産などいくつかありますが、今回は自己破産について詳しく説明していきます。

最後に

 自己破産することによって失うものも多いのは事実ですが、会社の倒産やリストラされたり病気や怪我で働けなくなることは誰にも起こり得ることです。なかには借金が返せなくなってコンビニ強盗をしたり、自ら命を絶つという悲惨なニュースも耳にしますが、自己破産して新しい人生をやり直すこともできることを知っておくべきです。

このページの先頭へ