MENU

債務整理を行なうために必要な事

もし債務整理を自分ですると安上がり?

 

借金をしている時には、少しでも経費を削減したいと考えるもので、すでに債務整理という段階に達していたとしても、こうした考えはなくなりません。

では、自分の力で債務整理を行なうなら、借金の整理をするための費用を安く済ませることができるのでしょうか?

結論から言えば、以下の点を自分一人の力で行なう事ができるのであれば、債務整理は可能で費用は確かに安くなります。

 

お金を貸している債権者との交渉を行い、どのように借金の返済を行なっていくのかについて話し合うことが必要になります。

この際には、お金の貸し借りに関してプロである消費者金融業との交渉を自分で行なう必要があり、これらの人と対等に渡り合うほどの知識と経験、論理的思考、冷静さ、そして大胆さが必要になります。

それも、交渉する相手は自分にお金を貸している相手になりますので、心理的な立場の上下がありますので、交渉は本当に難しいものとなります。

 

行なわなければならないのは債権者との交渉だけではありません。

債務整理の中には、裁判所に行って処理を行わなければならないものもたくさんあります。

特定調停、個人再生、自己破産といった債務整理の場合には、裁判所での複雑な処理が必ず必要になります。

自分にとって債務整理の方法の中で一体どの方法がふさわしいのか、自分の借金の額やこれまでの返済経歴、債権者の数、今後の自分の経済状態、返済可能額などを全て自分で把握してから裁判所に行かなければなりません。

裁判所が間に入り、借金の額について調整を行なう際には、自分の借金の額だけではなく、法的な必要書類への記入、法的な処理の方法や今後の返済に関する裁判所が納得できるような計画書などを提出する必要があります。

こうした計画書などを作成するためには、個人的な感情が中に入ってはいけませんので、物事を客観的に見ることのできるような視点を持っていることも必要です。

仮に、こうした事を全て自分で行なう事が可能であるのであれば、債務整理を自分でも行なうことができ、債務整理に伴う費用をかなり節約することができます。

ここまでの說明を読んで、自分であれば「できる」と感じた人は、もともと専門家だった人を除いては一人もいないかもしれません。

お金が関係し、債権者と債務者の複雑な状況が絡み合っているので、債務整理は非常に難しいものです。

ですから、この問題を扱う専門家である弁護士や司法書士がいるわけです。

 

法律の専門家は適切な債務整理の方法を教えてくれる

 

弁護士や司法書士は、債務整理に関する法律上の知識を備えていますし、これまでにいろいろな債務整理を行なってきた経験を持っています。

だからこそ、個人個人異なっている借金の事情にも対応することができ、その人個人に合っている債務整理の方法を導き出すことができます。

そのために、債務者の現在の収入、今後の収入の推移、家族構成、財産の状態などを徹底的に調べてくれます。

 

そして、債権者との交渉に関しても経験がありますので、「適切な落とし所」というものを見極めて交渉をまとめる力もあります。

 

実際、債権者もすでに返済の能力がないほど経済状態が悪化している債務者から、借金の全額を返済できるとは考えていません。

ですから、論理的に借金の中で最大どれくらいの金額を返済してもらうことができるのかということを見極めたいと考えています。

当然、代理人として交渉をしている弁護士や司法書士の仕事も、少しでも借金を減額することで債務者に有利になるようにして、借金を整理するということなので、利害は一致しています。

本人がこうした交渉を行なうと、債権者も冷静に交渉に臨むことはできませんが、法律のプロが相手となれば合理的に話し合うこともできるようになります。

ですから、債務整理に関しては、やはり専門家に依頼する方が、早く適切に債務整理を行えるということです。

このページの先頭へ